クレジットカードの審査の厳しさの違い

クレジットカードを作るときに審査が厳しいと聞いていましたが、たしかにカードを作るときにあれやこれやと記入しなくてはいけないことが多かったのを思い出しました。それこそ職業や年収などしっかりとかかなければ作れませんでした。

クレジット会社からすればちゃんと支払いができない人にカードは作れないというのは当然ですが、それにしても厳しすぎるのもどうかと思います。

クレジットカードの審査の厳しさの違いがあるようですね。とあるクレジットカードは作れても、ちがうカードは作れませんでした。友人もクレジットカードを作りたかったのに、できなかったという話を聞きました。その友人いわく、仕事も収入も毎月安定してあるのに、だめだったみたいです。

もしかしたら何か事情があったのかもしれませんが、毎月安定した仕事と収入があるのなら、それで支払い能力はあるのではと思うのですが、どうなのでしょうか。厳しすぎるのではないかとも感じます。

この審査の違いってなんなのか気になります。審査が厳しいカードもあれば、なんなく作れるカードもあります。同じクレジットカードなのに審査の厳しさがちがうのはどういった理由があるのでしょうか。自分はとくに何かお金を借りているとかしているわけでもなかったのですし、支払いの事故はありません。

過去にクレジットカードを作れなかった理由で思い当たるとすれば、年収が低いことでしょうか。正直一般的な社会人の年収と比べると明らかに低いです。

ですが、低くてもきちんと毎月の収入は安定しているのです。特にゴールドやプラチナカードに申し込んだわけではないので、ほかの理由が原因なのかもしれませんが、いまいち納得がいきません。

クレジットの申し込みで審査に通らない多くの理由は記入漏れだそうです。
参考サイト→ブラックでも審査に通るクレジットカード

そう言われると私も自分が書いた申し込み内容は正確だっただろうか、記入漏れはなかっただろうかと不安になります。書き間違いがある人は返済も雑になる可能性があるので審査に通りにくくなるそうです。確かに自分がお金を貸す側にまわった場合。

信頼できて、返済を期待できるような人じゃないとお金は貸したくありません。そう考えると少し納得が行くように思います。

しかしクレジットカードはあると便利なので持ちたい人も多いと思いますし、何枚か持ちたい人もいるので、もう少し審査基準について緩和されてもいいのではないでしょうか。

もちろん複数枚カードを所有している方もいると思いますが、なかには複数枚カードを所有しているのに支払いを怠ってしまう方もいます。最初の審査が通らずに一枚もクレジットカードが作れない人がいるのに、料金の延滞を繰り返すような人が何枚も作れるのはなぜなのか、基準がなんなのか不思議です。延滞を繰り返しても払えるだけの財力があるのでしょうか。

しかし、財力があるのであれば延滞なんてしないはずでは。ランクの高いカードを何枚も持てるのに、延滞しているのは何が原因なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2017 クレジットの審査もっと緩くならないかな. WP Castle Theme by Just Free Themes