クレジットカードの信用について

クレジットカードは、買い物の決済にあたって簡単に使えるが、口座から自動引き落としなので利用金額を把握して余裕の範囲で使わないと不渡りを起こしてしまいます。
したがって利用者の信用審査が厳しくなるのは当然のことです。

グレーゾーンについて法律が厳しくなってからは特にカード会社の利益が前の制度に比べて稼ぎにくくなったので、会社として手堅く稼ぐ必要があるので多重債務者を避けるようになりました。
多重債務者を顧客とするのはリスクが伴うので他社の利用状況や年収等をチェックしてカード利用者の信用状態を厳しく把握する必要があるようです。
だからその分会社が利用者を十分に審査する必要がある。

最近は、弁護士がTVでコマーシャルを流し過度な払込みについて厳しく目を向けていることから言ってもカード会社に対して逆風が吹いています。
また審査の時は良くても利用者の都合で支払いが滞る場合があります。
日本を含む世界の経済が好調とは言えない現状では労働者の経済的な安全性が損なわれやすいといえるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2017 クレジットの審査もっと緩くならないかな. WP Castle Theme by Just Free Themes